病室ベッド

人間のかかる病気の中で、非常に厄介なのが悪性腫瘍です。
腫瘍の中には良性のものと、悪性のものがあります。
悪性のものは、がんと呼ばれ、発見が遅いと死に至る非常に恐ろしい病気です。
一年に一回の健康診断では発見が難しく、再検査などの精密検査でがんが発見される場合が多いのです。
がんは、自覚症状が薄い傾向があり、初期の段階では発見できないことがほとんどで、発見したときには手遅れということが多いのが特徴です。
また、女性特有の子宮がんや乳がんなども怖いもので、致死率は非常に高くなっています。
末期になると病院での治療は延命治療しかなくなるため、苦しむことを覚悟で抗がん剤を投与します。
先日、アメリカのとある州で、延命治療を拒否し、安楽死を選んだ女性を大きく取り上げ賛否両論となっていました。
日本では安楽死は認められていません。
しかし、それを選ぶのは個人の自由ではないかと感じることもあります。
苦しまずに一生を終えたいという気持ちもわからなくはありません。
また、病院でも、延命治療しかできないのであれば完治できないとの判断をしているのですから、その先の人生は、本人の希望に沿った形でしてあげるのも悪いことではないと思います。
これから先、こういったことが、各地で多くなってくるのではと思わせる話題であり、多くの人が関心を持ったことでしょう。
病院に入院ばかりして、一生を終えるより、大好きな家族や友人と残りの人生を楽しみたいという、本人の気持ちは尊重すべきかもしれません。
また、家族の意見も大事で、家族にしてみれば一日でも長く本人と過ごしたいと思うことでしょう。
そういった、お互いの気持ちを総合的に判断し、病院側と治療方法を決定すべきなのです。
がんを克服するには、本人の気持ちが一番なのではないでしょうか。
絶対に負けない気持ち。
前向きな気持ち。
そして、放射線治療や抗がん剤治療の苦しさに打ち勝つ心の強さが、周りの家族にも勇気を持たせ、病院側も一緒に克服に向け頑張ってくれるのです。

オススメリンク

癌性腹膜炎の治療に関する事ならこちらの病院が頼れます!|がんのクリニック

デメリットの少ないがん治療にフコイダンの効果を利用する|日本統合医療推奨協会



色々な要素を加味して選ぶ

がん治療を受ける事ができる病院に関しては多岐に渡るので、患者の評価や料金などの色々な要素を加味して利用する事が大切です。
また、人気の病院でがん治療を希望する場合には、事前に予約をしておく必要があります。
そ...Read more



新しい方法

病院で行っている今までのがん治療に免疫治療があります、この免疫療法に新しい方法が取り入れられました。
それが複合免疫療法です、今までの治療効果の違いは、免疫療法には、いくつかの方法があります。
リンパ球系の細...Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031